タイトル:とやま環境教育データベース

←「とやま環境教育データベース」へもどる
←「富山県内の環境教育フィールドの紹介」へもどる
 富山県内の環境教育フィールドの紹介
■団体・グループ 概要
名  称 夢創塾
ふりがな むそうじゅく
■現地調査 記録
訪問月日 2005年11月X日 小学生が今日は来るよ、せっかくだから一緒にどうぞ、と長崎代表にお誘いを受けた。
自慢の場所や
施設など1
紹介01様々な種類の遊び場、体験施設がある中でも一番子どもがわーっと笑顔で楽しんでいた印象を受けた。木と木の間にロープを張り、そのロープを皆で引っ張る。終点まで引いたあとは、重力で空中ブランコのように滑り降りていく。
自慢の場所や
施設など2
紹介02炭焼き小屋は4つある。一つは製作真っ最中。
活動場所 紹介03ツリーハウスのある5,000平米の活動場所
雨天時の
活動場所

紹介04屋根がある場所での紙すき。指導員が必要になるので、最低5〜6人のチームで来て欲しい。

■その他
特 徴 紹介05紹介06森、山、木、水、火、伝統家屋、食文化に関する活動を夢創塾で完結する、ということ。
冬の活動 竹スキー、雪像作り、森の散歩、アワモチやトチモチ作り
トイレ 現地にある川の水が水洗トイレのように流れ続けている手作りトイレ
アクセス 紹介07これは夢創塾のほんの入り口。
受入れ条件 団体・グループ紹介ページでご確認ください
調査人の一言 森の恵みからドングリの数、熊の食状況を見ることが出来る。切った木を使って伝統的な炭焼き小屋で火を起こし炭を作る。いろりのあるお休み処でお茶を飲む。基本的には、好きな時にこの場所に来て遊んでいってくれて大いに結構。長崎代表が「窯をじいちゃん達から習って実際に作ってみることで伝承させていく。」いくつになっても勉強することはある。そのことを身をもって体験した。
←「富山県内の環境教育フィールドの紹介」へもどる
↑このページの上へ ←「とやま環境教育データベース」へもどる
背景_下