タイトル:とやま環境教育データベース

←「とやま環境教育データベース」へもどる
←「富山県内の環境教育フィールドの紹介」へもどる
 富山県内の環境教育フィールドの紹介
■団体・グループ 概要
名  称 立山自然学校
ふりがな たてやましぜんがっこう
■現地調査 記録
訪問月日 2005年11月X日 雪を迎える準備が整っていた立山自然学校へ
自慢の場所や
施設など1
紹介01右手にあるのは、手作りのクライミングウォール。ロッククライミングの醍醐味を味わえる。
自慢の場所や
施設など2
紹介02約1,000坪ある活動場所
活動場所 紹介03カバーを取れば、ここでは調理が出来るかまど。
紹介04右手にはクムジュンという名の丸太小屋カフェがある。この周辺での活動。
■その他
特 徴 くるみなどがある森、湧水のでる川を使った活動。約100人まで受け入れられる。
冬の活動 閉鎖。開催しているのは5月連休−11月。ただし、あわすのスキー場で雪を使ってスキーやスノーシューは出来る。
トイレ 紹介05クムジュン内のトイレを利用。
その他 近くにはカルデラ博物館がある。登山も出来る。学校単位で申し込まれた場合は、プログラム内容を事前に打ち合わせる。利用料は内容によって異なる。
アクセス あそあそ自然学校地図主催事業を行う場合は、立山駅までスタッフが迎えに行く。
もしくは、称名滝駅行きバスに乗る。
リンク http://tateyama-s.web.infoseek.co.jp/
受入れ条件 団体・グループ紹介ページでご確認ください
調査人の一言 木を使ってクラフト・ツリークライミング・ウォールクライミング、石を使ってペインティング、自然を上手に相手にした秘密基地作り、川を取り込んだ水辺の学校、自然を思う存分体に取り込むことが出来る立山自然学校。
←「富山県内の環境教育フィールドの紹介」へもどる
↑このページの上へ ←「とやま環境教育データベース」へもどる
背景_下