タイトル:とやま環境教育データベース

←「とやま環境教育データベース」へもどる
←「富山県内の環境教育フィールドの紹介」へもどる
 富山県内の環境教育フィールドの紹介
■団体・グループ 概要
名  称 グループ樹の実
ふりがな ぐるーぷきのみ
■現地調査 記録
訪問月日 2005年11月X日 調査前日に雪が降り、活動は中止?と心配したが当日はとってもよい天気。
自慢の場所や
施設など1
紹介01ここでは即席本屋(森に関する本専門)やカフェが出来上がる。カフェではマイカップを使えます。
自慢の場所や
施設など2
紹介02即席カフェの周りには散策路がある。
活動場所 紹介03この看板を目印に山を登っていくと、広場へ。
作成物 紹介05今回は竹細工、その他:やきいも、クラフト、絵本作り等。
■その他
特 徴 県との協働活動もあり、出前出張もある。山での活動のみならず、多くの方に山の面白みを伝えている。
活動時期 4月〜7月、9〜11月の第3日曜。8月はアブ等がいる為、冬は雪の為休み。
トイレ 山の下にある。
アクセス 前もって連絡すればどなたでも参加OKです。詳しくは新田さん、若井さんへ。
利用料 森カフェへ500円。これは森の整備費として森へ還元する。
受入れ条件 団体・グループ紹介ページでご確認ください
調査人の一言 日差しを浴びながら自然に囲まれお茶をいただく。お手製ケーキやクッキーをいただく。なんて贅沢なひと時!同時に山とうまく付き合うためには、熊防止のために鈴を体につけて山を登る。さりげない知恵が私には勉強になった。森林療法を勉強するため、この森を使ったこともある。将来はツリーテラスも作りたい、と。森と人との架け橋を目指すグループ樹の実。皆さんいい顔です。
←「富山県内の環境教育フィールドの紹介」へもどる
↑このページの上へ ←「とやま環境教育データベース」へもどる
背景_下