タイトル:とやま環境教育データベース

←「とやま環境教育データベース」へもどる
←「富山県内の環境教育フィールドの紹介」へもどる
 富山県内の環境教育フィールドの紹介
■団体・グループ 概要
名  称 環境教育ネットワークとやまエコひろば
ふりがな かんきょうきょういくねっとわーくとやまえこひろば
■現地調査 記録
訪問月日 2005年11月X日 ポチポチ雨の降る中、エコひろばの活動現場のひとつである氷見市西朴木の正木さんの山へ。
自慢の場所や
施設など1
紹介01鬱蒼としていた山にも段々光が差し込んできた。山とは言え、生きものサイクルを保つためにも手入れしないと。
自慢の場所や
施設など2
紹介02活動に力が入るのは、正木家ご夫妻の愛情こもった昼食を楽しみにしているから。お釜を使った赤飯、山からの椎茸類、山菜。食材豊富なのは、山からのお礼かもしれない。
活動場所 紹介03約10haある正木家裏山を、行政、NPO、ボランティア、皆の手を借りて整備している。きょうは「絆の森整備活動」で大にぎわい。
紹介04今回はこのような段取りであった。それぞれの団体に山を振り分けての作業。
■その他
特 徴 紹介05山をズンズン登っていくと、ツリーハウス建築予定の場所がある。測量は既に終了。木をうまく使って出来上がるのは、2006年秋の予定。
その他の活動 森の春みつけ、森のレストラン、森の音楽会など、自然の豊かさやしくみに気づく森あそび活動。ネイチャークラフト、炭焼き、もちつきや里山鍋など、山の恵みを楽しむスローライフ工房。竹林整備、森林整備の軽作業を体験する森づくりワークショップなど。その都度プログラムが変わる。冬はカンジキウォークも楽しい。
トイレ 普段は家。ある時は活動場所として公開。
アクセス 地図
リンク http://www.exe.ne.jp/toyama-eco-hiroba/
受入れ条件 団体・グループ紹介ページでご確認ください
調査人の一言 氷見は海だけじゃない。山がこんなに近くにあるとは知らなかった。そしてその山(正木邸の裏山なのだが)を「絆の森活動」と題し、様々な分野の方が関わっている。数年にわたるその活動が「大日本山林会」より表彰される。これは活動に関わっている方々にとってはよい刺激になったことだろう。「山はいいよー、森林浴できるし、ストレスないし」「軽トラックもあがってこられる道を作ってツリーハウスを作りたい」そうそう、家も前はお釜で赤飯を炊いてた!ひとつの山作業から色々な明るい顔が浮かぶ。仕事とはひと味違った一体感が、ここでは経験できるだろう。
←「富山県内の環境教育フィールドの紹介」へもどる
↑このページの上へ ←「とやま環境教育データベース」へもどる
背景_下