タイトル:環境とやま県民会議

設立目的・事業
構成団体
環境とやま県民会議会長表彰
・平成29年度受賞者 
 ・ごみゼロ・リサイクル推進
  功労
 
 ・地球温暖化対策推進功労
表彰関係書類
 ・推薦書   ・表彰調書
 環境とやま県民会議会長表彰

  環境とやま県民会議では、循環型・脱温暖化社会の構築に向け尽力し、その功績が顕著な個人、団体及び事業所等の表彰を行っています。

平成29年度環境とやま県民会議会長賞
(ごみゼロ・リサイクル推進功労)

環境とやま県民会議会長賞(ごみゼロ・リサイクル推進功労)は、ごみゼロ・リサイクルの推進において概ね5年以上にわたり尽力し、すぐれた功績のあった個人、団体及び事業所等を表彰するものです。


 ☆平成29年10月☆  平成29年度ごみゼロ推進県民大会において表彰
<受賞者一覧:2団体>

○ 消費生活研究グループ ありみね会(富山市)

 平成14年度の設立当初から、毎年、3Rの推進など消費生活に関する諸問題について、他の消費者グループに先駆けて研究テーマとして取り上げて調査し、提言や実践を行っている。
 また、毎年開催されている「富山県消費者大会」や「みんなの消費生活展」、「とやま環境フェア」などに出展し、古着のリフォーム作品やリサイクル推進の普及啓発に取り組むとともに、近年では古着で座布団を作って、地域の公民館に寄附するなど、地域貢献にも努めている。

○ 黒部おもちゃ病院ピノキオ(黒部市)

 平成22年度から、「壊れたり、故障したおもちゃがあったら、捨ててしまわずに是非一度病院へお持ちください」をキャッチフレーズに、黒部市立東部児童センターで、毎月第1・3土曜日の2回、おもちゃ病院を開院している。
 おもちゃ病院では、壊れたおもちゃの故障相談や診察・修理を無料で行うことにより、子どもに物を大切にする心と夢を与えるとともに、ごみの減量化などの3Rの普及啓発に寄与している。
  

平成29年度環境とやま県民会議会長賞
(地球温暖化対策推進功労)

環境とやま県民会議会長賞(地球温暖化対策推進功労)は、5年以上にわたり、省エネルギー活動など、地球温暖化対策の推進に顕著な功績をあげられた方々を表彰するものです。


☆平成29年10月☆ 平成29年度環境とやま県民会議総会において表彰
<受賞者一覧:個人 1名>


○ 松﨑(まつざき) 敬示(けいじ)(高岡市)

 平成22年度から、富山県地球温暖化防止活動推進員として、「とやま環境チャレンジ10」(小学校4年生対象)や「とやま環境フェア」の地球温暖化防止活動推進員ブースに参加するなど、地球温暖化防止活動に積極的に取り組んでいる。
 また、「はじめてのエコライフ教室」(未就学児対象)や環境の出前講座において講師を務めるなど、地域における環境教育の推進に寄与しているほか、「地下水の守り人」として地域における環境保全活動にも積極的に取り組んでいる。


<受賞者一覧:団体 3団体>

○ 学校法人高岡第一学園附属第一幼稚園(高岡市)

 平成22年度から、「こどもエコクラブ」を結成し、グリーンカーテンの育成など地球温暖化防止の啓発に取り組んでおり、その一環として、行政とも連携し、電気使用量や室温の変化を調べる省エネ調査や、地球温暖化について学ぶ地域環境教室を行っている。
 また、使用済み年賀はがきの回収や、園内での割り箸、紙皿、牛乳パックの再利用など、3Rの推進にも積極的に取り組んでいる。

○ 滑川(なめりかわ)市立(しりつ)北加積(きたかづみ)小学校(しょうがっこう) 滑川市) 

 平成21年度から、環境や省エネルギーに関する学習の一環として、ふうせんかずらを使用したグリーンカーテン作りを行い、外気温と室温の温度差の比較により、グリーンカーテンの効果を研究するなど、地球温暖化防止活動に積極的に取り組んでいる。
 また、滑川市が開催するグリーンカーテンコンテストで、毎年優秀な成績を収めており、その成果を学習発表会で発表したり、滑川市環境フェアの来場者にグリーンカーテン作りの紹介や種の配布を行うなど、グリーンカーテンの普及に努めている。

○ 滑川(なめりかわ)市立(しりつ)東加積(ひがしかづみ)小学校(しょうがっこう) 滑川市) 

 平成2年度から、高学年の児童が中心となってホタルの人工飼育を始め、現在では育てた幼虫を校区内に放流するなど、年間を通して飼育活動を行うことにより、児童は気候変動や生態系保全等について学習し、「ホタルが住み続けることができる自然を守りたい」という意識の高揚に努めている。
 また、平成16年度から「とやま環境チャレンジ10」に隔年で取り組んでおり、児童は、地球温暖化の影響が気温上昇のみならず、水資源、農作物、生物活動の変化等多岐に及ぶことを学習した上で、省エネ、節電等、地球温暖化を防止するために自分達でできることを考えて実践している。

↑このページの上へ
背景_下