タイトル:エコライフイベント

とやま環境フェア
 ・平成21年度
 ・平成22年度
 ・平成23年度
 ・平成24年度
 ・平成25年度
エコライフ・アクト大会
 ・平成21年度
 ・平成22年度
 ・平成23年度
 ・平成24年度
 ・平成25年度
地球温暖化防止県民大会
 ・平成21年度
 ・平成22年度
 ・平成23年度
 ・平成24年度
10市エコライフ・イベント
 ・平成21年度
 ・平成22年度
 ・平成23年度
 ・平成24年度
 ・平成25年度
エコロジーな料理教室
 ・平成21年度
 ・平成22年度
とやまエコキッズ探検隊
 ・平成24年度
 とやま環境フェア2010
 今回で第13回目となった「とやま環境フェア2010」は、盛況のうちに幕を閉じることができました。ご来場ありがとうございました。

☆テーマ
 「水と緑に恵まれた快適な環境をめざして 
  〜エコライフ ホップ、ステップ、ジャンプ〜」

(1)日時
   平成22年10月30日(土) 午前10時〜午後5時
           31日(日) 午前10時〜午後4時

(2)場所
   ●富山県産業創造センター (高岡テクノドーム)
    高岡市二塚322−5   TEL:0766−26−5151

   ●イオンモール高岡 イオンホール
    高岡市下伏間江383 TEL:0766−32−1100

(3)主催
   とやま環境フェア開催委員会
   ( 富山県、高岡市、環境とやま県民会議、(財)とやま環境財団 )

(4)来場者数
   入場延べ人数 約9,500人(30日:約3,500人、31日:約6,000人)
   来場者アンケート結果(PDF:834KB)

(5)出展数
  @出展者数 69団体・企業 (出展者一覧
  A展示区分 循環型社会、脱温暖化社会(衣・食、住宅、車、エネルギー)
        自然共生、環境全般
  B出展ブース
 高岡テクノドーム 屋内:65ブース、屋外:4ブース
             イオンモール高岡 イオンホール:1ブース

(6)内容詳細
  開催報告をご参照ください。(PDF:126KB)
イベントの効果は? 
イベントの開催は、来場者の移動や展示の照明などにガソリンや電気を使うことから二酸化炭素が排出される。来場者への普及啓発効果は、どのくらい?
 来場者がとやま環境フェア2010の会場で見つかった取り組みを、
5日間実施されることにより、カーボンオフされることとなります。
PDF:364KB

    
 とやま環境フェア開催委員会事務局
(財団法人 とやま環境財団内)
TEL 076−431−4607
 

↑このページの上へ
背景_下